HOME > 売却の手続き > 売却の手続き

相続不動産の売却

ここでは、不動産の売却についてご説明いたします。

不動産を売却すると決める前に、まず、遺産分割協議または遺言書により不動産を相続する方は決まっていますか?相続する人が決まったら、不動産の名義変更を行いましょう。ここで相続人に登記ができていないと、売却することはできません。
ここまでの手続きが済んだら、ようやく不動産の売却について考えます。

相続不動産等を売却することに決めた場合、買い手を見つけなければなりません。
ご自分で買い手を見つけるという方法もありますが、簡単に見つからない場合は、不動産会社に仲介してもらうか、または直接不動産会社に買い取ってもらうという方法もあります。

いずれの方法にせよ、買主が決まれば、代金決済と所有権移転登記を行います。
これにて、相続不動産の売却完了です。 
 

不動産業者にお願いする場合には、信頼できる会社を探さなければなりません。
当事務所では不動産業者様のご紹介も行っておりますので、相続相談と同時に売却についてもご相談いただけます。

 

 


相続不動産と売却ついてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社