HOME > 現物分割 > 現物分割

現物分割

ここでは、現物分割についてご説明いたします。

現物分割とは、株、不動産…などお金ではないものをそれぞれ相続人にそのままの形で相続させるという分割の原則的方法です。

お金でないものは、どうしても分けることが難しいので、株はAさんへ、不動産はBさんへと言うように分けます。また、株などの有価証券に関しては分割して相続することも可能です。

この場合のメリットとしては、単純にこれはAさんへ、あれはBさんへと分けるので、相続手続きとしては簡単です。
しかし、デメリットとして、ひとつひとつの相続財産に大きな財産価値の格差があると相続人の間で不公平が生じてしまいます。よく話し合ったうえで、分割する必要があります。

 

現物分割で相続するケース

相続財産が被相続人の自宅の不動産と株だけの場合で、同居の相続人Aがいる場合などは、不動産をAへ、株を残りの相続人で相続するというケースがあります。

 

不動産と遺産分割についてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社