HOME > 不動産を相続しない場合 > 不動産を相続しない場合

不動産を相続しない場合

ここでは、相続財産に不動産はあるが、不動産を相続しない人が相続人の中にいる場合についてご説明いたします。

 

不動産を相続人全員で分割するのではなく、誰か一人が相続したり、相続人のうちの数名が相続し、不動産を相続しない人がいる場合でも、遺産分割協議書には、不動産を相続しない人の署名と実印の押印が必要です。

なぜなら、不動産の登記には遺産分割協議書の提出が必要で、実印が押してあるものでなくてはならないからです。
したがって、不動産は相続しない場合であっても、相続の員全員で署名と実印を押すことを忘れないようにしましょう。

 

 

 

不動産を相続したくない場合についてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社