HOME > 相続放棄

相続放棄

亡くなった方にマイナスの財産が多い場合や、相続人の間で争っていて巻き込まれたくない場合に相続放棄という選択をする方もいると思います。

その場合、どういった流れで行うのかをご説明いたします。

まず、相続放棄申述書というものを相続が始まったことを知った日(通常、被相続人の亡くなった日)の翌日から3か月以内に被相続人の住所を管轄する家庭裁判所に提出します。

必要な書類

・相続放棄申述書

・被相続人の住民票除票または戸籍附票

・放棄される方の戸籍謄本

・被相続人の死亡記載のある戸籍謄本(除籍謄本)
他にも申述者と被相続人の関係によって提出する書類が異なりますので、注意してください。

これらの書類を裁判所に提出すると、1週間程度で相続放棄の申述についての照会書というものが送られてきます。
いくつかの質問が書いてありますので、それらに回答し、返信します。
それが受理されると相続放棄申述受理通知書というものが送られてきます。これによって相続放棄が認められたことになります。
この通知書は、再発行されませんので大切に保管してください。

また、相続放棄申述受理証明書を銀行などから求められる場合があります。
その場合は、相続放棄申述受理通知書と身分証明書、印鑑を持って家庭裁判所に行くと発行してくれます。

 

不動産を相続したくない場合についてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 流れ
  • 費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • Q&A


  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社