HOME > 底地を相続 > 底地の相続

底地の相続

ここでは、底地の相続についてご説明いたします。

底地とは、借地権の付いた土地の底の部分のことです。借地権を持った人から地代をもらっています。底地の土地の利用は、借地権を持った人が行うので、底地保有者が利用することはできません。
底地は、相続の際に評価額が高く、相続税の負担が大きい割に、資産価値は著しく低いものです。
借地権を有する者との関係に制約があるため、借地権保有者以外の第3者に売却することも難しい土地であるため、やっかいな相続財産です。

そんな底地を相続しなければならない場合、どうすればよいでしょうか?

相続において、底地のみ相続放棄したいということはできません。相続放棄の場合は、全ての相続財産の相続を放棄しなければならないからです。

では、どうしても相続税が払えなかったり、今後底地を所有したくない場合の方法を考えていきましょう。

①    底地を借地権保有者へ売却

借地権保有者と比較的連絡の取りやすい関係にある場合、この方法を取ることで借地を売却し換金することができます。ただし、借地権保有者が買い取ってくれればの話です。


②    借地を業者へ売却する

借地保有者とのやり取りが面倒だったり、早く売却してしまいたい場合は、この方法が良いでしょう。


③    物納する

底地を相続することになったけれども、相続税が支払えないために底地の物納を行うという方法があります。金銭では相続税が支払えない場合のみ可能であり、かつ、底地が物納できる条件を満たしていなければなりませんので、厳しい方法ではありますが、条件を満たしているのであれば、この方法を考えてもよいでしょう。

 

 

 

不動産を相続したくない場合についてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社