HOME > 持分がバラバラの場合 > 共有持分の放棄

共有持分の放棄

昔は、亡くなった方の土地や建物を相続人で共有相続することがよく行われていたため、今になって土地や不動産を多くの相続人で共有しており、その持分を相続することになり、権利関係が複雑になってしまっているというのは少なくない問題です。

複数に人が1つの者に対する所有権を持っている状態が共有されているということのなるのですが、自分の共有持分に関しては他の共有者の意志と無関係に自由に使用することができます。しかし、実際にはこの持分のみを第三者が買ってくれたり、担保にできるという場合は稀です。なぜなら、建物や土地を100%自由に利用することは不可能だからです。

では、実際にこの共有持分を相続することになったけれども、使い勝手が悪いので相続したくない場合にはどうしたらよいのでしょうか?

この持分を買ってくれる人がいれば、売ることができます。
しかし、持分ですので、なかなかいないと思います。
その場合、他の共有者に移転登記するという方法があります。
他の共有者に対して持分放棄の意思表示を行い、持分全部移転登記を行うことによって、共有持ち分を放棄することができます。 

 


相続不動産を相続したくない場合についてもっと見る

その他、遺産分割についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社