HOME > 相続人がたくさんいる場合

相続人がたくさんいる場合

近年は、少子化が進み、相続人がたくさんいると言うケースも減りつつありますが、それでも不動産登記を行っていなかった場合や被相続人に養子がいたり、再婚していたといった場合には、相続人がたくさんいるということはよくあるケースです。

すでに、ご存知の方も多いと思いますが、遺言書がない場合やその記載が一部に限られている場合には、遺産分割協議によって相続財産の分割を行わなければならず、この協議には相続人全員の参加と同意が必要です。
したがって、相続人が多ければ多いほど各自の意見が衝突しあい、遺産分割協議が進まない可能性が高くなります。
相続は、親族間で行われる場合がほとんどですが、骨と身を削りあって争いに発展することは少なくないのです。
相続人が多い場合には、特に争いに転じやすいので、皆でよく相談しあって遺産分割協議書の作成に取り組みましょう。

 

相続人が多くてなかなか話が進まないという場合には、第3者に入ってもらうのも一つの解決策です。
当事務所では、相続を専門にした行政書士・司法書士が親身になってご相談に応じております。
まずは、初回無料相談にお越しください!

 

 

不動産相続と協議書についてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 流れ
  • 費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • Q&A


  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社