HOME > 相続放棄をした人がいる場合

相続放棄をした人がいる場合

ここでは、相続人の中に相続放棄をした人がいる場合について説明いたします。

相続放棄した人を除いて、他の相続人で相続登記を行うためには、「相続放棄申述受理証明書」というものを相続登記申請書に添付しなければなりません。


相続放棄申述受理証明書とは…

相続の開始があったことを知った日(通常被相続人の亡くなった日の翌日)から3か月以内に亡くなった方の住所地を管轄する家庭裁判所にて相続放棄を申し立てることによって、受け取る書類のことです。

この相続放棄申述受理証明書を受け取るために必要な書類

・相続放棄申請書

・被相続人(亡くなった方)の戸籍・除籍、住民票の除票

・相続人の戸籍謄本

 

通常、家庭裁判所に申立てを行ってから1週間程度で相続放棄の申述についての照会書が送られてきます。これに回答して返送し、問題がなければ受理通知書が送られてきます。そこで初めて相続放棄が認められます。

不動産相続と協議書についてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 流れ
  • 費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • Q&A


  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社