HOME > 相続人の確認 > 相続人の確認

相続人の確認

何を相続するにあたっても、まず一番大切なことは相続人を確認することです。

遺言書が残されている場合には、そこに記載されている方が相続人になります。
遺言書が残されていない場合は、民法で誰がどの割合で相続するかを定めています。これを法定相続人と言います。
遺言書が残されていない場合やその記載が一部に限られている場合には、まず、相続人が誰なのかを確認しなければならないのです。

では、法定相続人はどのように定められているのかを見ていきましょう。

現在の法律では、①配偶者 ②直系卑属 ③直系尊属 ④兄弟姉妹の順番で法定相続人と定めています。

それぞれの法定相続人について詳しくご説明いたします。

①    配偶者

常に相続人となります。ただし、配偶者は婚姻関係にあることが前提となっています。したがって、内縁の妻や愛人、離婚した元配偶者は法定相続人にはなりません。

②    直系卑属

直系卑属とは主に養子を含めた子供のことを指します。実の子供、養子共に何人いても相続人となることができます。

③     直系尊属

直系尊属とは、父と母、あるいは祖父母のことを指します。上記②の直系卑属がいない時に相続人となることができます。祖父母は、直系卑属に加えて父母がいない場合に相続人になります。

④    兄弟姉妹、あるいはその子供

上記の直系卑属、直系尊属がいない時に相続人になることができます。

 

以下にそれぞれの法定相続分を表示いたします。

法定相続人分割割合表.png

 

では、実際に相続人の確認はどのように行うか見てみましょう。

被相続人の戸籍謄本等を出生から死亡まですべて集めます。
本籍地から集めるのですが、転居や婚姻等で本籍を変えている場合にはそれぞれの役所から集めてきます。
これにより、自分自身が相続人であることの確認と本当に他に相続人がいないかどうかを確認しなければなりません。


不動産相続の流れについてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社