HOME > 不動産の調査 > 不動産の調査

不動産の調査

相続財産の中に不動産が見つかった場合、他人の所有になっていないか、不動産はどこにあるのか、他に被相続人は不動産を持っていないか…などを調査しなければなりません。それがしっかり行われていないと、登記の際あるいは名義変更の際にスムーズに進まなかったり、問題が発生してしまうことがあります。

では、実際にどうやって亡くなった方の相続不動産を調べるのか下記にて詳しく説明いたします。

①    固定資産税の納税通知書

毎年4~6月にかけて各市町村から固定資産税の納税通知書というものが送られてきます。
その冊子の後ろの方に課税の対象となる不動産の一覧が面積や評価額などと一緒に記載されています。
この一覧によってほとんどの不動産を確認することができます。
しかし、この納税通知書が見つからなかったり、相続人の一人がこれを隠している可能性もあります。その場合は、次の②の方法を行ってください。

また、この納税通知書には必ずしもすべての不動産が記載されているとは限りませんので、以下方法で再度確認する必要があります。

②    名寄せ帳

市区町村役所にある名寄帳の写しをもらいに行く方法です。
ここには、所有者の土地・家屋・償却資産の明細が載っています。ただし、この名寄帳には請求した市町村内に所有されている不動産のみしか記載されていないので、亡くなった方が他の市町村に不動産を持っている場合は、そちらの市区町村に請求しなければなりません。
この写しを交付してもらうには、相続人であれば戸籍謄本等相続関係が確認できる書類を提示しなければなりません。

ただし、下記のような項目は、名寄帳に記載されていない可能性もあります。

・私道の持分

・保安林

・墓地の持分

・ため池

上記の不動産があるかもしれない場合、より確実に調査するためには、法務局で公図を取得し、亡くなった方の所有していた土地周辺を確認しましょう。

 

 

当プラザでは、初回無料の相談を実施していますので、お気軽にお問い合わせください!


不動産の調査についてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社