HOME > 固定資産評価額の確認 > 固定資産評価額の確認

固定資産評価額の確認

実際に相続不動産がどこにどれだけあるか把握できたら、次は相続税額計算のため、また、遺産分割のために不動産の評価額を計算しなければなりません。
この固定資産評価額は、国が定めた評価基準に基づいて市町村長が決めています。

では、実際にどうやって固定資産評価額を確認するのか見ていきましょう。

①    固定資産税の納税通知書

毎年4~6月にかけて送られてくる固定資産税の納税通知書を見るという方法です。

これには「課税明細書」というものが同封されています。ここに評価額という欄がありますので、そこで確認します。

②    名寄せ帳

固定資産の評価及びその課税を確認できるものです。これは、市区町村の役所にあります。相続人が閲覧するためには、相続人であることが証明できる戸籍謄本等が必要になります。

この名寄せ帳は、たくさんの数字が並んでおり、どれが評価額なのか分かりにくいです。

③    固定資産評価証明書

これは登記情報に加え評価額が記載されているもので、各市区町村役場に請求します。相続人が請求するためには、相続関係が分かる書類(戸籍謄本や遺産分割協議書など)が必要です。

 


不動産の調査についてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社