HOME > 遺産分割協議書 > 遺産分割協議書

遺産分割協議書

どこにどれだけの相続不動産があるのか定まったら、実際に誰がどれを相続するのか決めなければなりません。

ここで、遺産分割協議書に決定事項を記載し、後で誰のものになったか明確に分かるようにしなければなりません。
また、不動産の名義変更には絶対に必要なものなので、しっかり遺産分割協議書の記載をしておかなくてはなりません。その他、相続税の申告などの際にも必要になるものです。

 

では、実際に不動産の遺産分割協議書の書き方を見ていきましょう。

【土地】

所在
地番
地目
地積

【建物】

所在
家屋番号
種類
構造
床面積

以上が土地や建物の記載事項です。さらにこれを誰が相続するのかを書きましょう。
相続人については、住所・署名の記載と実印を押しましょう。

注意

不動産に関しての所在・地番の記載は登記簿謄本に記載されている通りに記載しないと、名義変更の手続きができない場合がありますので注意しましょう。

また、遺産分割協議書の作成には相続人全員で協議した旨の記載と全員の署名捺印が必要です。

不動産相続の流れについてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社