HOME > 不動産名義変更の申請書 > 不動産名義変更の申請書

不動産名義変更の申請書

遺産分割協議によって不動産の相続人が決まったら、名義変更の手続きに入ります。

まず、相続登記申請書という不動産の名義変更を行うために申請する書類を書きましょう。
この申請書は、法務局で受け取れるものではなく、申請者自ら白紙の状態から記載していかなければなりません。
記載内容については法務省のホームページで確認することができます。


申請書記載内容

A4用紙にパソコンにて入力、または消えないボールペン・黒インクにて記載する。

・登記の目的
・原因(相続の場合、被相続人の亡くなった日を記載)
・申請者(主に相続人のこと。住所・氏名・電話番号を記載の上認印を押す)
・代理人
・課税価格
・登録免許税
・不動産の表示(登記記録に記録されている通りに正確に記入する)


申請するには、この申請書のほかに必要な書類があります。

必要な書類

・被相続人(亡くなった方)の出生から死亡まで全ての戸籍謄本
・被相続人の住民票除票
・相続人の戸籍謄本
・相続人の住民票
・相続人全員の実印
・相続人全員の印鑑証明書
・不動産の固定資産評価証明書
・不動産の全部事項証明書
・遺産分割協議書(遺言書)

 

これらの書類を自分で集め、さらに申請書の記載も自分で行うのはかなりの時間を要します。
不動産相続の専門家、司法書士等にお任せすることをお勧め致します。
後から納税申告の漏れや不動産が見つかったり、遺産分割がうまくいかなかったり…ということになっては大変です。相続開始当初に相談しましょう。


 


不動産相続の流れについてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社