HOME > 登記申請後の流れ > 登記申請後の流れ

登記申請後の流れ

無事、不動産名義変更が完了したからと言って、安心していてはいけません。
登記完了後には、大切な書類が送られてきますので、この保管について知っておかなくてはなりません。
ここでしっかり確認しておきましょう。

登記申請を行ってから2週間ほどで名義変更が完了します。
登記申請書に押印した印鑑と身分証明書を持って法務局へ行くか、事前に返信用封筒を法務局に渡しておいて郵送してもらうことで完了後の書類を受け取ります。


交付される書類


登記完了証これは、申請した登記が完了したことを通知した書面です。

登記識別情報通知書これは、従来の登記権利証が名称の変更によりこのように呼ばれるようになったものです。平成17年3月の不動産登記法改正に伴い、権利証がなくなり、登記識別情報通知書となりました。登記の名義人となる方に登記所から送られます。
12ケタの符号で不動産ごと、申請人ごとに定められています。

 

保管の注意

この12ケタの符号の上にはシールが張られており、情報漏えい防止が施されています。
必要でない限り、このシールを剥がしてはいけません。一度シールを剥がしてしまうと、貼り付けることはできません。

また、実印と印鑑証明、この登記識別情報通知書があるだけで登記移転が可能です。したがって、実印と一緒にこの識別情報を保管しないようにしましょう。

 

 

不動産相続の流れについてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社