HOME > 抵当権がついている場合 > 抵当権がついている場合

抵当権がついている場合

ここでは、抵当権がついている場合についてご説明いたします。

抵当権とは、お金を借りたり、住宅購入時にローンを組むなどした際、不動産を担保にすることで付くものです。

相続不動産に抵当権がついているのには、主に2つの可能性があります。


①    被相続人(亡くなった方)の借金・ローン担保にした

この場合、相続人は被相続人の借金やローンの返済義務も相続します。完済したら、抵当権を抹消しましょう。すでに、被相続人が完済している場合には、早期に抵当権抹消手続きをしましょう。


②    被相続人が他人の借金を担保するために不動産に抵当権を設定した

この場合、この権利を引き継ぐだけなので、相続人に返済義務はありませんが、もし、担保にされている方の借金返済が困難になった場合に、抵当権が付いた不動産は競売にかけられてしまいます。

 

完済しているので、抵当権を抹消したい場合について

借金やローンを完済したからと言って、金融機関は抵当権の抹消手続きまでやってくれません。自分で必要書類を用意した上で、法務局で抹消手続きを行わなければなりません。
相続不動産の抵当権抹消については、完済が相続発生の前後によって手続きを行う人が違います。


①    既に被相続人が完済しているのに抵当権が抹消されていない場合

この場合、相続人の代表者が抹消手続きを行うことができます。その代表者に名義変更する必要はありません。


②    相続後に完済し、抵当権を抹消したい場合

不動産を相続した方が手続きを行います。まだ、登記できていない場合は、その不動産を相続した人に名義変更してから抹消手続きを行います。

 



不動産の種類と名義変更ついてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社