HOME > 未登記物件の名義変更

未登記物件の名義変更

ここでは、未登記物件の相続についてご説明いたします。

遺言書がない場合、遺産分割協議によって、誰がその物件を相続するのかを決めます。それを遺産分割協議書に相続人全員の署名と実印を押して、誰が相続するのかを明確に残しておきましょう。

ここまでできたら、ようやく登記の手続きです。
法務局にて、表題登記の申請と保有権保存登記の申請を行います。
この二つの手続きを踏むことによって、しっかり登記が完了したことになります。


表題登記の申請に必要な書類

・住民票
・印鑑証明書
・建築確認通知書
・検査済証または、工事完了引渡し証明書+資格証明書+印鑑証明書
・建物図面

 

所有権保存登記に必要な書類

・住民票
・住宅用家屋申請書

 

これらの書類を全て用意するのは、大変です。
当事務所では、相続専門の司法書士がこうした複雑な相続にも親身に対応しております。
また、必要に応じて信頼できる不動産業者様とも提携し、ご紹介しておりますので、幅広い事案に対応可能です。
不動産の相続に関してお困りのことがございましたら、まずは初回無料相談にお越しください! 


不動産の種類と名義変更ついてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 流れ
  • 費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • Q&A


  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社