HOME > 祖父母の不動産の名義変更

数次相続について

ここでは、数次相続についてご説明いたします。

例えば、祖父が亡くなり、不動産の名義変更を行う前に父が亡くなった場合、その子が不動産を相続することを数次相続と言います。

このような相続の場合、その不動産を相続する人が単独でない限り、相続が発生するたびに登記手続きを行わなければならないため、2回の手続きが必要になります。

例)Aが死亡、Aには配偶者B、子C、Dがいた。Aの不動産を分割する前にCが死亡。Cには、配偶者Eと子Fがいた。
この場合、1回目の手続きとして、Aの不動産のB,C,Dで分割します。この例の場合、Bが2分の1、C,Dが4分の1ずつです。
さらに、2回目の手続き行い、Cの分をE,Fで分割します。
これが数次相続の手続き方法です。 

数次相続で法定相続人が増えれば、手続きは複雑になりますし、顔も見たことのない相続人と遺産分割協議をしなければなりません。なかなか分割協議が進まないことにもなりかねません。

従って、不動産登記の期限がないからと言って放っておくと、相続手続きが複雑になりかねないため、相続が発生したら、不動産登記も速やかに行いましょう。

 

数次相続により、遺産分割が複雑になってしまっている場合、早期に相続の専門家に相談しましょう!


 

不動産の種類と名義変更ついてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 流れ
  • 費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • Q&A


  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社