HOME > 不動産登記とは

不動産登記とは

不動産登記とは、不動産の表示(所在、面積等)及び不動産に関する権利(所有者や地上権者等の氏名、住所)を登記簿という公の帳簿に記録し、広く一般の人々に公開することにより、国民の権利の保全を図り、もって取引の安全と円滑に資することを目的とするものです。

 一口に不動産登記と言っても、不動産の表示の登記と不動産に関する権利の登記に分けることができます。

表示の登記とは、不動産の物理的な現況を表す登記です。

権利の登記とは、不動産の権利の内容、主体や権利関係を表す登記です。
権利の登記には登記義務はないが、表示の登記には登記義務があるという違いがあります。

 


登記することができる権利

不動産に関する物権の得喪や変更は、登記をしなければこれを第三者に対抗することができませんが、不動産登記法において登記することのできる不動産とは土地と建物です。

不動産登記法において登記できる権利は、所有権、地上権、永小作権、地役権、先取特権、質権、抵当権、賃借権、採石権です。

これらの権利について、保存、設定、移転、変更、処分制限、消滅の登記をすることができます。

 

 


不動産登記についてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 流れ
  • 費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • Q&A
  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社