HOME > 会ったことのない相続人がいる場合

会ったことのない相続人がいる場合

ここでは、会ったことのない相続人がいる場合についてご説明いたします。

異父母兄弟などで会ったことのない相続人がいたり、被相続人(亡くなった方)の戸籍を辿っていったら、知らない相続人がいたというのは、少なくないです。

既にご存知の方も多いと思いますが、遺言のない遺産分割の場合には、相続人全員が参加して遺産分割協議を進め、遺産分割協議書を作成しなければなりません。
従って、いくら会ったことがなく、連絡先も分からないからと言って放っておくと、いつまでたっても遺産分割を進めることができません。
まずは、連絡を取ることから始めましょう。
被相続人の戸籍謄本をたどることで相続人を確認し、相続人一人一人の戸籍を見ることによって住所を得ましょう。

これらの戸籍収集は、行政書士や司法書士が行えますので、自分で戸籍収集し、住所を調べるのは大変だと思っているお客様は、専門家に相談しましょう。

また、知らない相続人と遺産分割協議を進めることにも不安を抱いている場合は、遺産分割の専門家にご相談することをお勧めいたします。

 

 

不動産相続のトラブルについてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 流れ
  • 費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • Q&A


  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社