HOME > 共同相続の登記

共同相続の登記

ここでは、相続不動産を相続人の間で共同相続することになった場合の登記申請についてご説明いたします。

相続不動産を共同で相続することになった場合、相続人一人の持ち分のみ単独で登記申請することはできません。
ただし、相続人一人が他の相続人を代表して共有持ち分とする旨の登記申請を行うことはできます。

不動産を共有名義にしておくと、土地を売却するにも共有者全員の同意が必要になり、のちのち扱いが面倒になりがちです。
共同登記は、不動産をめぐってもめごとになることも少なくない方法です。
したがって、共同相続にする際は、その後、不動産を売却するのか、第3者に貸すことでその賃料を相続人間で分けるなどの使用方法を明確にすることをお勧めいたします。

 

 


不動産相続のトラブルについてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 流れ
  • 費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • Q&A


  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社