HOME > 占有者がいる場合 > 占有者がいる場合

占有者がいる場合

被相続人の相続不動産に相続が発生する前から相続人の一人が住んでいるというのはよくあるケースです。
その場合、相続発生後に相続人の間で共有登記することは可能ですが、不動産を明け渡せというのは、なかなか厳しいものです。
しっかりと相続人の間で話し合い、相続人の間でもめないようにしましょう。
相続財産が不動産以外にほとんどない場合、一つの方法として、既に住んでいる相続人がその不動産を相続する代わりに他の相続人に対して代償金で他の相続人の相続財産を補うという代償分割という方法があります。
代償金を支払わなければならない人にかなり負担がかかりますので、他の相続人はその金額等を考慮しなければなりませんし、本当に支払えるのかということをしっかり確認した上で決めなければなりません。

不動産には占有者に対する時効があり、他人所有の土地であっても所有者だと思い込んでいる人が何事もなく20年住み続けることによって、本来の占有者はその所有権を失う可能性があります。

例えば、とりあえず相続財産を相続人皆で共有登記したけれども、長年放っておき、そこに誰かが住み着いていた場合、その人に権利が移行してしまう可能性があるのです。

したがって、相続で受け取った不動産の登記は早くに行うことが大切ですし、しっかり土地の管理を行う必要があります。


 

不動産相続のトラブルについてもっと見る

その他、不動産相続についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 見積りを確認する
  • 身近な専門家に相談

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社